蜂鳥あみ太オフィシャルサイト

Menu:

 

ill title ぎんもくせいのかけら

来て 見て 触れてみて
いま すぐ わたしに

ここは地獄だよ
地獄だよ ふたり だけの
ここは地獄だよ
もう戻れないのさ
あの日に

海の見える坂の町に広がるニュータウン
それは高度経済成長が築き上げた
鉄筋コンクリートのカタコンベ
需要の無くなった学び舎は全て取り壊され
老人ホームとリハビリセンターに
人気の無いショッピングモールで閑古鳥が鳴き叫び
葬儀屋と火葬場だけがいつだって順番待ち

ふたりで歩いた銀杏の並木道
坂の上で夜風に当たりながら見下ろせば
そこには煌々と輝くまるで海のような集合住宅の灯が
だが今はそれももう無くなってしまった
抜け殻のような街で
抜け殻のような貴方と
瞼の裏の思い出だけをなぞりながら生きる
そんな事に一体何の意味があるのか
だがそんな事ももはやどうでも良くなってしまった

懐かしい花の香りがする
潮風に乗って漂う甘い花の香りが
坂道を降りた先にある
何もしないままずっと見詰め合っていた海浜公園に
ねえ 貴方 起きて
ねえ 目を覚まして
あの日、ふたりの他には何もなくて ただ
銀木犀が揺れているだけ

銀木犀が揺れているだけ

来て 見て 触れてみて
いま すぐ わたしに

ここは地獄だよ
地獄だよ ふたり だけの
ここは地獄だよ
もう戻れないのさ
あの日に

銀木犀が揺れているだけ

ねえ

ぎんもくせいのかけら
作曲:原田忠
作詞:蜂鳥あみ太=4号
演奏:カリハサト[原田忠(acc)+大須賀聡(gt)]


通販:ぎんもくせいのかけら収録アルバム蜂鳥あみ太=4号とカリハサト「SFC(すこし・ふしぎな・しゃんそん)」

 

inserted by FC2 system